サバゲ向き?なツールナイフ色々 その4

月初から東京でしたが
雪がパラつき寒かったです・・

毎年この時期は東京で雪に降られてる気がします
積雪のせいで仕事や新幹線が遅れたりして困ったりしてます

まぁ奈良に帰って来た時の方がどう考えても寒いんですが・・・

Yです

さて
前回の記事から随分と時間が空いてしまいましたが
ツールナイフの記事の続きを書いて行きたいと思います

前回までの記事はこちらからどうぞ
サバゲ向き?なツールナイフ色々

サバゲ向き?なツールナイフ色々 その2

サバゲ向き?なツールナイフ色々 その3

今回は
前回の「その3」の記事内でも少し触れましたが
IMG_3565.jpg
チャージ、ウエーブ、スケルツールをはじめレザーマン社製の多くのツールナイフに搭載されているビット仕様になっているツール部分を掘り下げたいと思います(左端はガーバーのマルチプライヤーなので今回は置いておいて)

何が掘り下げる価値があるかというと
この部分はオプションで発売されている様々なツールに交換が可能となっています
IMG_3575.jpg
それがこちら

なんと21本、42種類のツールがセットとなっています!

ヘックスレンチ(六角)はインチ仕様とセンチ仕様それぞれが発売されていたかと思うので注意

私は両方所有していますがw
アメリカ製の実物レイルや各種装備類はインチ仕様の六角ネジが使われている事が多いのでインチ仕様も必需品なのです

まぁツールナイフ本体とは別にこれを持ち歩くのはちょっと邪魔ですが
レザーマン純正のナイフケースにはこれらを入れるスペースがあるモノも販売されています

ちなみに
IMG_3568.jpg
スケルツールには一つだけ交換用のビットを収納するスペースがあります
これのおかげで一見ドライバーツールは一つしかないように見えるスケルツールですが
実は4種類のツールが隠されている事になっています

IMG_3576.jpg
さらに
このセットのポイントはこの延長パーツ

これのおかげで使い勝手がかなり向上します!

しかも
IMG_3577.jpg
この延長パーツの先端はレザーマンのビットだけでなく
インパクトドライバーなど日本でもお馴染みの電動工具で使われてる六角のビットと全く同じ規格となっており
IMG_3578.jpg
何気にインパクト用の各種先端工具が装着可能となっております
私は今迄これが役に立った事はないですが
サイズの関係上、全体的に少し薄くなっているレザーマンのツールよりはフルサイズの六角ビットの方が力が加えやすいと思うのでよりトルクが必要な場合は役に立つかと思います(そんな時には普通の工具使うと思いますが、使えない時に・・・という事で)

最近はレザーマン以外のメーカーもこうゆうオプションを用意していますが私的にはやはりレザーマンのモノが使い慣れているので良い感じです

今回はこれくらいで

次回はついにサバゲ向きかどうかを書きたいと思いますw

ほな!

「スポンサード リンク」






戦え!さばげぶっ!チーム孤独

ランキングに参加しました
にほんブログ村 アウトドアブログ サバイバル術・グッズへ
にほんブログ村

サバイバルゲーム ブログランキングへ

この記事へのコメント